« 日産、60km/hから停止できる自動ブレーキを開発(レスポンス) | トップページ | "無料優待キャンペーン" 2010年真夏の【4掲載パーティー"無料優待キャンペーン"】 by 東京パーティージャーナル »

2010年8月 5日 (木)

【夏休み】渋滞緩和三原則---みなさんご協力を(レスポンス)

[PR]
【夏休み】渋滞緩和三原則---みなさんご協力を(レスポンス)

高速道路に関して、もう少し情報を追いかけてみたいですね。
なんと、ブレーキの情報は、非常に注目しています。
そして実は、ブレーキの話を聞くとおなかがいっぱいになります。
ですが、車間距離について、とても気になります。
かつ、高木啓について、もっと掘り下げて調べてみます。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/sci/rps/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100728-00000005-rps-sci


夏の外出シーズンが始まった。NEXCO中日本(中日本高速道路)は、高速道路の渋滞を少しでも小さくするために「渋滞緩和三原則」への協力をアピールしている。要は、不用意に車間距離をつめない、つめさせないことだ。

渋滞緩和三原則
●速度を低下させない
●車間距離をつめ過ぎない
●追い越し車線に集中しない


●速度を低下させない

上り坂やサグ(下り坂から上り坂に変わるところ)にさしかかっても、それと気が付かないうちに速度が低下する車があり、車間距離が縮まる。車間距離が縮まると後続車が次々とブレーキを踏んで、渋滞が発生する。上り坂が始まる地点では速度を低下させないよう注意しよう。インターチェンジの合流部、トンネル入り口も同様の理由で渋滞が発生する。


●車間距離をつめ過ぎない

車間距離をつめ過ぎると、前の車の速度低下で後続車が次々とブレーキを踏んで渋滞が発生する。余計なブレーキを踏まないように十分な車間距離をとって走行しよう。


●追い越し車線に集中しない

道路が混雑してくると、少しでも早く走ろうと追い越し車線に車が集中する。その影響で車間距離が縮まる。そのまま上り坂に差し掛かったりすると、先に追い越し車線から渋滞が発生しやすくなる。


NEXCO西日本(西日本高速道路)の調べでは、交通集中渋滞のうち、58%が上り坂およびサグ部、20%がトンネル入り口部、14%がインターチェンジ合流部で発生している。

車間距離が縮まると後続車はブレーキを踏む。安全な車間距離に戻そうとすると、後続車は前走車より速度を落とさなくてはならない。この繰り返しで後続の速度がどんどん落ちていく。前の車が多少遅くなっても急ブレーキを必要としない車間距離を維持することと、また後続に急ブレーキを踏ませないような減速が渋滞緩和の基本のようだ。

《レスポンス 高木啓》

【関連記事】
【夏休み】お盆の渋滞予測---最長45km
いつもNAVI、指定した日時の渋滞予測情報を提供
【夏休み】高速道路1000円…お盆は土日のみ
【高速道路新料金】3連休、無料化区間の渋滞---最長は舞鶴若狭道の24km
高速道路1000円…2009年は「渋滞を招いた」 ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘ ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘ ┘┘東京パーティージャーナル~交流パーティー・イベント・異業種交流会~┘┘┘┘ ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘ 【東京パーティージャーナル-Tokyo Party Journal-】   http://tokyo-party.info/   http://tokyo-party.info/m/ ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘ ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

« 日産、60km/hから停止できる自動ブレーキを開発(レスポンス) | トップページ | "無料優待キャンペーン" 2010年真夏の【4掲載パーティー"無料優待キャンペーン"】 by 東京パーティージャーナル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1393320/36035149

この記事へのトラックバック一覧です: 【夏休み】渋滞緩和三原則---みなさんご協力を(レスポンス):

« 日産、60km/hから停止できる自動ブレーキを開発(レスポンス) | トップページ | "無料優待キャンペーン" 2010年真夏の【4掲載パーティー"無料優待キャンペーン"】 by 東京パーティージャーナル »